ついに手術!!!

13:00 点滴終了
時間はおおよそですが・・点滴が終わってからは、する事も無くひたすら手術時間を待つばかり。怖い・怖い・怖い!!!!!早く時間が過ぎればいい&終わればいいのに〜とずっと思っていました。

14:15 妹からTEL
手術がもう終わったのでは?と勘違いした妹から母宛にTEL有り。私に代わってと電話口で連呼💧看護師の妹は経験を生かして励ましたかったんだと思いますが、直前だったのでとても余裕がなくて電話に出れず。

14:45 看護師さんから連絡
手術室より14:55に到着して下さいと指示が有ったとのことで、5分後に迎えに来ますと言われて一旦出ていかれました。すぐ、手術着に着替えて弾性ストッキングを履きました。いや、キツすぎるので旦那さんにも手伝ってもらい、トイレに行って準備完了☆

看護師さんといよいよ出発です!
ゆっくり歩いて下さる看護師さんの後ろを付いてトコトコ歩く。私の後ろを母と旦那様が付いてきました。2〜3分歩いたでしょうか?手術室に到着です!旦那様に羽織っていたバスタオルとメガネを預けてから家族のもとを離れました。母には、頑張ってね!!!とちょっと大袈裟に送り出され・・旦那様に静かに見守られながら、手術室に入りました。

手術室に入ると、担当して下さる看護師さんに名前と手術内容の確認をされました。その他には、入れ歯やぐらつく歯がないかを確認され、ベッドへ移動です。
ベッドが狭くて上がりにくいので、一旦腰掛けて看護師さんに手伝ってもらいながら上がりました。足元には暖かい電気毛布があり、心地良い温度で緊張も解ける感じがしました。

それから、すぐ昨日部屋に説明に来て下さった麻酔科の先生登場!面白い場所で点滴したね〜と声をかけて下さりながら、エビの様に身体を丸めて背中に硬膜外麻酔の準備開始。BGMが贈る言葉(オルゴールver.)など寂しい感じの曲が流れていたこともあり、ついつい涙がこぼれてしまいました。(あのBGMやめて欲しいな。。)バレない様にと思いましたが、看護師さんが涙を拭って下さり、すみません😢と言うと、大丈夫ですよ!と笑って下さったりと、終始穏やかな時間が過ぎていきました。

準備が整った頃、主治医のN先生が覗かれて、頑張りましょうね!と声をかけて下さいました。お願いします!と答えてから、ついに酸素マスクが当てられ7回位息をしたところで私は眠ってしまいました。。
e0349162_01364477.jpg


[PR]
by arimari0822 | 2015-07-01 16:05 | 子宮筋腫 | Comments(0)

結婚して早7年。。子宮筋腫核出術から体外受精まで、アラフォーの今を綴ってみたいと思います。(2017.5.26更新)


by arinco