セントマザーでの初採卵〜後編〜

【D11】
着替えを終えて、少し待ってから培養士から採卵した卵の状態や受精についての説明がありました。採卵数は結果的に8個でグレードG1はありませんでしたが、G2が7個でG3が1個でした。担当になった若い女性の培養士が、機嫌が悪いのか終始ムッとしていて、急いでいるのかボソボソ早口で話す人でした。顕微授精も事前説明希望として同意書を提出しましたが、説明はなく顕微授精ありきで話がどんどん進んでしまいました。。。

不安が残る中、次は(看護師さんと思ってたけど)女医さん?と胚移植や妊娠判定についてのお話を聞きました。ただ、全身麻酔後なので少しボーッとしながら💦聞いているけど、全部理解出来ているかな?と心配になりました。

まず、採卵した卵胞を培養した胚の移植方法について説明を受けました。セントマザーでは、採卵当日より4日間は培養期間になります。4日目に胚状況確認の為に10時〜11時までの間に電話する様に言われました。胚の状態を見て、電話当日の4日目か5日目に移植するかを伝えられます。

採卵日の夕食後から、抗生剤のトミロンを1回1錠朝夕2日間服用する様に言われました。あと、着床を助けるプロギノーバを1回1錠朝夕18日分(福岡県内の方は16日分)とルトラールを1回2錠朝夕18日分(福岡県内の方は16日分)を処方されました。プロギノーバのみ院内処方で、一緒に個数確認してその場でもらいました。

今までの病院では、採卵後はズキズキして下腹部痛があったのですが、今回は全く痛みがなかったので痛み止めのカロナールはもらいませんでした。金額にしたら、大したことないと思いますが節約です。笑
もし痛みが出た場合、ロキソニンは強すぎるから勧められないけど、手持ちのあるイブ等なら痛み止めとして使用してもいいですよと言われました。

ひと通り説明を受けてから、帰宅方法の確認があったので1人で自宅まで帰ることを伝えました。それから、麻酔時の帰宅に関する同意書にサイン&押印しました。病院から直接家族に電話されるのかと思いきや、私の携帯から一旦旦那さんに繋いでから女医さんに電話を代わり1人で帰って頂くということで宜しいですか?と家族への確認がありました。

説明の最後に何か質問がありますか?と言われたので、もう一度、顕微授精は自然受精が出来なかった場合だけですよね?と確認させてもらいました。すると、ん?先程培養士と話されましたか?と聞かれてしまいました💦そりゃそうですよね。。

この後、前回の血液検査結果を聞きに3階へ行くことになっていたのですが、まだ顕微授精に不安があって。。と伝えると、もう一度培養士と話してきちんと納得された方が良いんじゃないですか?と優しくお声かけ頂いたので、血液検査の結果を聞いた後に再度4階に戻らせてもらうことにしました。

私は潜在性甲状腺機能低下症と言われていて、TSH・T3・T4の血液検査結果を見せてもらいましたがTSHが少し高く出ていて、基準値0.390〜4.010のところ4.3を超えていました💧薬は増やさずに今飲んでる分量で様子を見ましょうとのことでしたが、数値が高いと不妊の原因にもなるので心配なのですが。。
取り敢えず、チラージンSと今まで飲んでいたカバサールの後発品であるカベルゴリンを処方してもらいました。

それから、4階に戻らせてもらうと登場したのは先程話をした培養士。また明らかに不機嫌そうな顔をして部屋に入って来ました。顕微授精に不安があって。。と言うと、あれから時間が経っていてもう体外受精で進んでいます!と言われました。今更言われても遅い!とバカにした様な態度。体外受精で進んでいるなら、結果的に良いかと思って、お時間取ってすみませんでした!(頑張って大人の対応。笑)と言って帰りましたが、、この培養士の態度には本当に腹が立ちました‼︎こちらの気持ちなど全く汲み取ろうとしないし、理解してくれようともしないのだなと残念に思いました。。

ま、いっか!と思いエレベーターに向かっていると先程担当してくれた女医さんが駆け寄ってくれて優しく声をかけて下さったので、少しだけ嫌〜な気持ちが救われました。

皆さん、受精方法を先生にお任せする中、顕微授精に不安があるなんて言っている私が勉強不足なのでしょうが。。特に事前説明も無いまま進んでしまったので、もう顕微授精は希望しないことにしようと心に誓うのでした。
e0349162_21350867.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2017-08-07 21:35 | 不妊治療 | Comments(0)

結婚して早7年。。子宮筋腫核出術から体外受精まで、アラフォーの今を綴ってみたいと思います。(2017.5.26更新)


by arinco