ワンクリノン膣用ゲル。

【D14】続き
今から1錠、夜に1錠ずつ使用して下さいと言われたワンクリノン膣用ゲル(90mg)とは・・・
主成分はプロゲステロンで、不足した黄体ホルモンを補充することで、子宮内膜における受精卵の着床環境を整え、着床後は妊娠維持を補助してくれる薬剤のようです。

tamagoメールでワンクリノン膣用ゲルを開始して下さいと連絡があったのは10時過ぎでしたが、病院を出て買い物して帰宅したのが11時30分。
帰宅して急いでトイレに向かい、ワンクリノン膣用ゲルを注入!

ワンクリノン膣用ゲルは、棒状のアプリケーターを膣内に挿入して、ゲル状の薬剤を空気で押出します。(分かりづらくてすみません。。)
ゲル剤は白色で、見た目は歯磨き粉のような感じです。アプリケーター内に必要量のゲルが入っていますが、注入しても少量は残るのでこれであっているのかな?と不安になりますが・・・
ここまでは無事に終了。


移植日についての詳しい説明があるので本日の14時以降に電話して下さいとメールにありましたが、まったく電話が繋がらず。。。
14時過ぎから家事をしながら、テレビを見ながら、電話すること12回目。15時30分過ぎにようやく電話が繋がりました。
が、受付から看護師さんに繋がるまでそこから5分電話口で待ちました。。。

電話の内容は、私の場合はワンクリノン膣用ゲル使用後5日目のD18に凍結胚を融解するので、融解後の胚の状態と移植日を聞く為にD18の10時~11時に専用の携帯電話に電話して下さいとのことでした。(木曜日・日曜日・祝日になる方は、8時~9時に病院に直接電話するようです。)

あとは、持参する物として下記5点を指示されたので記載しておきます!
・保険証
・認印
・同意書
・治療費(20万円前後)
・余っているエストラーナテープとワンクリノン膣用ゲル

特に質問も無いので、この内容ならメールで回答が欲しかったなと。
院長先生、電話回線増やしてくれないかなあ。。。
って、こころのつぶやきでした。
e0349162_16045836.jpg





[PR]
by arimari0822 | 2017-10-23 18:35 | 不妊治療 | Comments(0)

結婚して早7年。。子宮筋腫核出術から体外受精まで、アラフォーの今を綴ってみたいと思います。(2017.5.26更新)


by arinco