セントマザーで2回目の新鮮胚移植。~前編~

【ET0】(D17)
昨日通院するも、結局胚の発育が追いついてきたとのことで移植は採卵から5日目のこの日になりました。昨日は午後でしたが、45分前に行って10人待ち。デイリーマンションに宿泊するも熟睡出来ず、どうせなら早く家に帰りたい!!!と思って、1時間前の9:30に行くと2人目でした。(ちなみに帰りに胚移植の受付ボードを見ると午前中の移植は6人だけでした。)遠距離通院の方が多い為か、午後の方が多いのかもしれませんね112.png

1時間ちょっと待って、10:45に中待合室に入り、5分後くらいにまた第3診察室で培養士さんから胚の状態についてお話がありました。昨日とはまた違う培養士のMさん!が、とっても優しくて笑顔が素敵で説明もとーっても丁寧でした162.png培養士さんの指名が出来るならしたいくらい113.png

胚の状態は、移植・凍結可能な胚盤胞が2つあって、グレードは4bbと3bb。良いとは言えませんが、まずまずといったところでしょうか?胚のグレードについても、初めて詳しい説明用紙を見せて頂きました。私がしつこく問い合わせたこともあってか、最初の胚移植では様子見ということで使用されないらしいアシステッドハッチングとエンブリオグルーを3回目の移植にして初めて使用して頂けることになりました。
ワーイ!!!110.png治療が進んだ気がして嬉しいです162.png
(前回の移植時には胚の状態からして、アシステッドハッチングは必要ないですよと言われていたので。。)

ちなみに、
☆アシステッドハッチングとは、透明帯の硬化や肥厚などの質的異常の場合に、ハッチングを補助することで着床率向上を目指す方法です。分割の状態は良好で、子宮内膜も厚く、移植も円滑に出来るのに妊娠しない場合には卵の殻から外へ脱出出来ないことが考えられます。このような場合、子宮に移植する前に卵の殻に溝(スリット)を加えると、胚が透明帯より脱出しやすくなります。(セントマザーのMOTHER BOOKより)

☆エンブリオグルーとは、ヒアルロン酸を豊富に含んだ培養液で、胚移植をする際に使用します。ヒアルロン酸によって胚の着床を促すことが期待されています。(セントマザーのHPより)
エンブリオグルーは簡単に言うと、接着剤のような役目をしてくれる培養液です。

ただ、この胚のグレードからして何個戻しにするかかなり悩みました。。。
35~39歳での新鮮胚移植の妊娠率のリストを見せてくださったり、多胎妊娠の危険性も同時に説明して頂きました。色々な情報提示をして頂き、この時点で10分近く経っていたように思います。悩みますよね~?とこちらの気持ちを汲んで下さって、本当に天使に見えました107.png

カウンセリングルーム(だったかな?)なら携帯が使えるので、旦那さんと相談されてもいいですよ!とおっしゃって下さいましたが、仕事中で電話に出られない可能性が高く、繋がったとしても“う~ん、分からん。。”とか、“任せる。。”になると思って、相談しても当てにならないと思います。って言うと笑って下さったり、いつも淡々と進む面談が嘘のようで、とっても癒されました110.png

とは言え、あまりその場で悩んでも申し訳ないので、一旦退室することにしました。
ここでも、ゆっくり考えられてまたあとで看護師にお声かけ下さいねと優しくお声掛け頂きました。

今回1個戻して3bbの胚を凍結したところでグレードに少々不安が残るし、それで陰性になった場合、治療費を無駄にするような気がして。。2個戻して、ダメなら潔くまた採卵してもらおう!と5分くらい悩んで決心しました。人生を左右する選択を自分だけで、短時間で決めていいのかな?という不安もありましたが、ウジウジしている時間はありませんでした。それに、採卵して数日後にふと2個戻しかあ・・・って、ピンと来たというか。テストで言うなら、ファーストインプレッションみたいな不思議な感覚もあったので、それに従ってみることにしました。

看護師さんに次呼んでもらうように伝えて、培養士さんに2個戻しでお願いします!と伝えると今度は署名をするように促されました。記載が必要な例文を見て、気が引き締まり(血の気が引く?)自分の決めたことに責任を持たないと!って強く思わされるものでした。

その内容は、、
長くなってしまったのでまた次回書きますね110.png
(引っ張ってしまって、ごめんなさい!)
e0349162_20084818.jpg




[PR]
by arimari0822 | 2017-12-12 17:45 | 不妊治療 | Comments(0)

結婚して早7年。。子宮筋腫核出術から体外受精まで、アラフォーの今を綴ってみたいと思います。(2017.5.26更新)


by arinco