<   2016年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

【BT10】D24
以下、私の血液検査結果です↓↓
ネットで調べた情報を混じえつつ、参考までに記載してみたいと思います。

①HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は、6.0H。
HCGは受精卵が着床することで生産され、妊娠すると増えるホルモンです。看護師さんによると2.0H以上あれば妊娠の可能性があるとのことでした。(ネットでは、単位がlU/mLで記載されていますが、私の通う病院ではHの単位で記載がありました。)

2日前に検査したHCGは11.5Hでしたが、6.0Hにまで半減していた為、妊娠不成立です。って言われてしまいました😭2日前に高い値が出ているのは、HCGを注射していたのでその影響でしょうと。。

②E2(エストラジオール)は、65.8。
エストラジオールは、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンに含まれる成分の一つで、妊娠前期の1〜16週目ではおよそ106~5880pg/mlが基準値になる様です。(この数値はネットによって少し違いがあります。)
この値が低いと子宮内膜の充実が見られない為、受精卵が着床せずに不妊症に繋がる様です。

③PROG(プロゲステロン)は、7.8。
プロゲステロンは、基本的にエストロゲンを補足する役目を果たし、受精卵が子宮内膜に着床しやすくするなど妊娠を助ける働きをするホルモンです。排卵後から2週間くらい分泌される女性ホルモンで、主な作用は①基礎体温をあげる、②子宮内膜を維持する、③乳腺を発達させる様です。

黄体期(高体温期)は、5.0~28.0ng/mlで妊娠するとこの値はさらに高くなる様です。しかしプロゲステロンが黄体期(高体温期)に10ng/mlを下回ると子宮内が妊娠しにくい状態のままとなるので、「黄体機能不全」と診断されるとのことです。

看護師さんにはHCGの結果だけで説明を受けましたが、エストラジオールとプロゲステロンの検査結果を自分で調べてみて、これが不妊症の原因になっているのでは?
と、ここに来てやっと気付きました。。

e0349162_18022011.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-30 16:40 | 妊活 | Comments(0)

妊娠判定の日。事前察知

【BT10】D24
採血から約2時間後。。
指定された時間に戻るとすでに先生が緊急手術とのことで不在でした。指定された時間に戻ったのに、えっ?って感じでしたが。。

看護師さんが先生に電話してやり取りされていましたが、どうやら先生は手術で対応出来ないので結果を伝えておいて!と言われていたようでした。この電話のやり取りを聞いて、なんとなく《今回は駄目だったんだ》ということが伝わってきました。ある意味ここで自分の心の整理が出来たというか(ー ー;)💨

普段は看護師さんから結果を伝えられる事は無いのかも知れませんが、診察室の奥の方から「私かわいそうじゃない?」なんて看護師さんの声が聞こえてきました!きっと、先生に代わって患者に妊娠不成立を伝えなきゃいけないからだと思いますが・・かわいそうなのはその声を聞いてるこっちだし💢なんて思いながら、気持ちを切り替えて看護師さんから結果を聞くことにしました。

看護師さんに呼ばれ、血液検査結果を見せてもらいましたが、紙には、HCG・E2・PROGの3種類が記載されていました。しかし、勉強不足の私はまたしても頭の中が???でいっぱいになるのでした。。

e0349162_18014773.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-27 16:30 | 妊活 | Comments(0)
【BT10】D24
ついにこの日がやって来ました✨
タイミング法や人工授精に比べると妊娠判定までの期間が短いので、過ぎてみれば早かった様な。。

この日は10時に来院指示があり、まず採血をして結果が出るまで約2時間待つように言われました。2日前にも測定したβ-hCGなどの値を見る為です。この週は採血が続いたので、内出血で?左腕の青さが引かず。。看護師さんにも血管細いんですね〜なんて言われて、苦笑い😅

院内のカフェやレストランで過ごしても良かったのですが、私は一旦外出し近くの本屋さんなどで時間を潰してから戻ることにしました。

病院に戻るまでは、妊娠している場合と妊娠していなかった場合のシュミレーションを頭で何回もしてどちらの結果が出ても自分の中で受け入れられる様にしていました💦

お金を出して妊娠判定するんだし・・HCGの注射もしていたので、その影響が出て結果に思い違いがあってもショックだし!と思い、私は妊娠判定薬でのフライングチェックはしませんでした。

正直、移植後の基礎体温が低かったことや身体の変化が特に無いことで陰性の様な気もするし。。ただ、ここ2・3日の基礎体温が急に上がったことで陽性もあり得るのかな?なんて思ったり・・判定結果が分かるまでの待ち時間ってモヤモヤしますね💨

e0349162_18011458.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-24 17:05 | 妊活 | Comments(0)

もうすぐ妊娠判定。

【BT7】D21
この日は注射が無く、4日ぶりにお灸をしに行ってきました。前日からの頭痛がまだ少しあることを伝えて、施術してもらいました。お灸してからは頭痛も気にならなくなりましたが、相変わらず足のつま先は冷えてるし・・妊娠している気がしないので気分はどんよりです💨


【BT8】D22
バタバタしてたら、あっという間に妊娠判定の前々日まで来てしまいました。

この日もプロゲホルモンの注射と採血の為に病院へ!注射は、左右の腕とお尻の4箇所をおおよそ順番にしてきましたが・・ここに来て左のお尻だけ、注射跡が少し硬くなってしまいました。薬液の粘度が高いのでよく揉まないと馴染まずに硬くなってしまうことがあるみたいです😣看護師さんにも聞きましたが、こればっかりは硬くなっている部分が馴染んで行くまで待つしかないみたいでした。。

採血では、β-hCGの値を測定しました。いつも採血は左腕でするのですが、2日前の採血もあって青くなってしまって、見るのも痛々しくて気持ちが萎えます💦

β-hCG(β-ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は、胎盤から出てくる女性ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促すホルモンの様です。β-hCGが妊娠特有のホルモンになり、妊娠中に分泌されるので妊娠反応をみる時にはこのホルモンを調べる様です。

気にしすぎかもしれませんが、胚盤胞を移植してから下腹部痛が続いています。。

e0349162_18002780.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-23 17:17 | 妊活 | Comments(0)

鈍痛。

【BT6】 D20
胚盤胞移植後は、今まで毎日の様にあった注射が2日に1回になったので昨日は通院が無く比較的ゆっくり過ごせました。でも、何をして過ごせばいいのか分からなくなりますが😅

激しい運動はしない様に注意書きがあったし・・なんて考えると、あまり動かず家でダラダラ過ごしてしまいます💦

今日はまたプロゲホルモンの注射と採血の為に通院しました。治療費は、約¥5,300でした。

右側だけなのですが、腰骨のあたりに痛みが時々出ます。あとは夜になって、少し頭痛が出て来てしまいました💦日頃は頭痛なんて無いのですが。。何か治療と関係があるのでしょうか??
とりあえず、様子見です。

e0349162_17573235.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-22 21:10 | 妊活 | Comments(0)

基礎体温。

【BT3】D18
毎朝基礎体温を測ってはいますが、移植後から低くて。低温期みたいな体温が続いています。今朝なんて、36.28℃💨それもあって、全然自信がありません😣昨日は鍼灸院の先生のお言葉に少し期待してみたものの、一喜一憂は疲れますね。。まだ移植したばかりなのに。妊娠判定の日までこんな気持ちの上下が続くんでしょうか💦

朝は少し茶おりの様なものがありましたが気にするほどでもなく、これといって特別な変化はありません。

この日もプロゲホルモンの注射を打ちに午後から病院へ行きました。土曜日なので、いつも通り救急外来で対応して頂きました。この日の治療費は、¥1,328でした。

注射の後は、旦那さんの実家へ。
2〜3ヶ月に1回は夕食を食べに行くのですが、この日も旦那さんが焼肉をオーダー!いつも私だけチューハイを用意してもらっていたのですが、旦那さんにお願いして事前にチューハイは買わずにお茶でいいよと伝えておいてもらいました。家では全然飲まないのですが、ビールを飲まれる義父母のお付き合いで私も飲んでいました。

妊活のことは伝えていますが、体外受精については特に話してないです。。なので、急に断るのも変だと思われますが💦ただ、お酒は控えておこうかなと思ったので、とりあえず日頃食べれない牛肉をお腹いっぱい食べさせてもらって、しっかりパワー充電出来ました♪

e0349162_17564815.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-22 20:20 | 妊活 | Comments(0)

1週間ぶりの自分時間。

【BT2】D17
胚盤胞移植後は、注射が2日に1回になるのでこの日は注射が無く1週間ぶりに通院の無い1日でした。とは言え、なかなか家で1日ゆっくりとはいかず💦この日は、午後から鍼灸院へ行ってきました。

お腹も少し硬くなっていたようで柔らかくなる様に調整してもらったり、腰回りを取り敢えず温めてもらいました。胚盤胞移植後だからか、お灸を据える灸点が定まらないとのことで毎日自宅で据えているお灸はしばらく中止することになりました。妊娠に向けた良い反応だったらいいね!なんて先生に言われましたが、そんな身体の変化が鍼灸院の先生には分かるんですかね?!初めて聞きました。

他の症状と言えば胚盤胞移植後から下腹部がうずく感じで少し痛みがあります。。

e0349162_17561126.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-22 11:01 | 妊活 | Comments(0)

胚盤胞移植翌日。

【BT1】D16
昨夜は1mmくらいでしょうか?鮮血の出血が有り、朝起きると茶褐色の出血が少し有りましたが、移植処置時のものかなと思い気にせず過ごしました。。

昨日は胚盤胞移植が終わり、家に帰ってから色々とネットサーフィンばかりしていました。今まで勉強していなかったこともあり、体外受精・胚盤胞移植・着床時期など調べても調べてもキリがありませんね。。昨日、先生が言われていた精神的に辛いって言われていた理由がここにきてやっと少し分かった気がしました。いかに、普段通り気にせずストレスフリーで過ごせるかが大事ですね!でも、何をして過ごしたらいいものか😅

そんな中、この日も注射に行ってきました。
プロゲホルモンとHCG3000です。プロゲホルモンについては、以前にも記載しましたが卵胞ホルモン(エストロゲン)と並んで子宮内膜を着床しやすい状態にするものです。HCGは、Human Chorionic Gonadotropinの略で、日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの1種です。受精卵が子宮内膜に着床して妊娠が成立した際、受精卵の表面にある絨毛と呼ばれる組織から分泌される様です。そのHCGが卵巣に働きかけ、妊娠を維持するのに不可欠なプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す様です。
この日の費用は、¥1,998でした。

乾燥もあるかもしれませんが注射跡が痒くて、ついつい掻いてしまいます。。

e0349162_16243145.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-17 17:22 | 妊活 | Comments(0)

胚盤胞移植。その2

【BT0】D15続き
まずは診察室へ呼ばれ、先生から体調に問題無いか聞かれました。ちょうど季節の変わり目だったし、注射注射の日々で体力的に辛い時もあったので自分自身でも心配でしたが・・気を張っているせいか体調は良い状態でここまでくることが出来ました。

最初は先生の表情が硬くて何だか焦りましたが、受精卵は無事に分割を続けていてくれて胚盤胞を移植出来るとのことでひと安心。本当に毎回状況確認するのにヒヤヒヤしてしまいます。。

移植前に看護師さんにトイレは大丈夫?と再確認されましたが、「大丈夫です!」と言って処置室に入りました。それからすぐ処置に入りましたが、子宮内にチューブを入れる為最初は少し痛みと不快感は有りましたが、その後は特別痛みは感じませんでした。

色々気を遣って下さる先生で、宝くじが当たるより確率は高いから、あとは祈っておいてね!とか卵の状態はいいよ!って教えてくれたり。。詳しいグレードは特におっしゃらなかったので、私も聞くことで気分が上下するのも嫌だなと思ってそのまま聞きませんでした。

処置後は、精神的に辛いと思うけど頑張ってね!と言われ、その時は頭の中では??マークが浮かび、今まで移植出来るかどうかヒヤヒヤしてたのに今からの方が辛いの?!なんて思いましたが、とりあえず「ハイ。」って、返事することしか出来ませんでした。

処置は10分弱だったでしょうか?!
終わってから、2時間は安静にする様にとのことでずっとベッドに横になっていました。なのに、1時間経過した頃にあんなに行ったトイレにまた行きたくなってしまいました💦しばらく我慢しましたが、1時間半経過した所で結局ナースコールをしてしまい、トイレに行ってもいいか=もう立ち上がってもいいかを先生に確認してもらいました。我慢できれば良かったのですが、結局トイレに行ってしまいそのまま帰宅になりました。

この日の治療費は、¥120,788😱
そのうち、体外受精(培養費)が¥50,000、胚盤胞移植が¥70,000でした💦

e0349162_16330661.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-16 23:55 | 妊活 | Comments(0)

胚盤胞移植。その1

【BT0】D15
ネットで少し調べてみましたが、↑BTとは胚盤胞移植=Blastocyst Transferの略で、移植日が0日で翌日から1日目とカウントする様なのでその様に記載していきたいと思います😊🎀

採卵時の診察まで遡りますが、受精卵を戻すのは胚移植にするか胚盤胞移植にするか先生に聞かれました。胚盤胞移植であれば、胚盤胞に至るまでに分裂が止まってしまう可能性もありますが、戻した際には着床までの期間が胚移植に比べると短いので妊娠率は高くなりますとの説明を受けました。費用は胚盤胞移植の方が2万円ほど高いのですが、胚盤胞移植を勧めて下さったので先生の判断に委ねることにしました。


そして、ついに胚盤胞移植予定日がやってきました。移植前は、病院によってはトイレに行くのを我慢して下さいという所もある様で、以前通っていた不妊治療専門クリニックもその様に指示されていました。

排尿を控えると膀胱が膨らみ、隣合わせになっている子宮の角度がなだらかになることでカテーテルが入りやすくなったり、水を通す(尿を溜める)ことでエコーの画像が鮮明になったりと、処置がしやすくなる様です。

とはいえ、私の通っている病院では逆で、移植前にトイレは済ませておいて下さいと言われました。12時半に来院指示があったのですが、お昼ごはんを食べてすぐ病院へ行ったのと、緊張していたのとでトイレへ行ってばかりでした(^^;)

病院に着いてから診察まで1時間くらい待ちましたが、受精卵の分裂が止まってしまっているんじゃないか不安で不安で仕方なかったです💦

e0349162_21324982.jpg

[PR]
by arimari0822 | 2016-11-16 21:30 | 妊活 | Comments(0)

結婚して早7年。。子宮筋腫核出術から体外受精まで、アラフォーの今を綴ってみたいと思います。(2017.5.26更新)


by arinco